ロゴ

焼酎Bar[秘 蔵] -ひめくら-

東京の下町、墨田区は向島にひっそりと佇む隠れ処焼酎バーです。開業後さらに賑わっている東京スカイツリーのライトアップも見える静かな店内よりオススメの焼酎などを紹介していきます☆

一番橋

さて、今日から9月ということですが

皆様いかが週末をお過ごしでしょうか。

どうも、向島の隠れ家 焼酎Bar[秘蔵]です。

今日はこちらの

黒糖焼酎を紹介しましょう。

IMGP4881.jpg

-[山田酒造]作:「一番橋」・¥500-

以前、このブログでも紹介しました

「山田川」「長雲」を造っている

奄美大島の[山田酒造]が造っている銘柄ですね。

[山田酒造]さんのラインナップ全体で見れば

看板銘柄の「長雲」の姉妹銘柄という位置づけ

にあたる銘柄ですね。

これと言って原料も違いはなく

麹も白麹仕込みの

蒸留法も常圧蒸留という

目立った違いはないのですが

この「一番橋」では

通常、仕込みの際に黒糖を溶かす段階で

黒糖の芳ばしい香りが外に飛び散ってしまうそうで、

その芳ばしい香りを出来る限り封じ込めるような

製造方法を用いた造りになっているということです。

その点においてレギュラーの「長雲」とは

明らかに違う酒質となり

「長雲」のバージョンアップ銘柄ではなく

あくまで別物である姉妹銘柄である

という位置づけなのではないかと思います。

黒糖の芳ばしい香りを封じ込める製法を取っている

というだけあって香りはかなり芳醇でコクのある

甘みがぎっしり詰まったような深い香りですね。

味わいとしてはそこまで甘みが主張せず

コクや旨味が凝縮されたような

深みのある味わいになってます。

生でじっくり味わうのも良いですが

ロックや水割りで飲むのがオススメですね。

“一番橋”という名前は

看板銘柄の「長雲」という名前の由来である

長雲山脈の本茶峠という峠に架かる橋の

第一番目の橋を“一番橋”と呼んでいたことに由来し、

かつてこの蔵元の創始者の方が

その一番橋の近くにあった小屋にて

焼酎造りを始めたことから“一番橋”と名付けた

ということですね。

原点回帰という意味でもあり

3代目の当主が初めて手がける銘柄でもあるので

“一番”というネーミングだという話もあるのだとか。

様々な想いの込められた銘柄ですね。

こちらの銘柄も常時取り扱ってますので

興味を持たれた方は是非一度お試しください。


以上、今夜は9月1日の防災の日ということで

シンプルな白いライトアップの

東京スカイツリーを臨む店内よりお届け致しました☆

関連記事

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


 
 FC2ブログランキングへ
 
 レストラン・飲食店 ブログランキングへ
 ブログランキングNo.1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shochubarhimekura.blog.fc2.com/tb.php/107-53ba067d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長雲 一番橋 ★奄美大島、最強の黒糖焼酎

出ました。 長雲 一番橋(ながくも)という、奄美大島の黒糖焼酎です。 この焼酎は、若松酒造さんという蔵元で作られておりまして、 奄美大島の黒糖、長雲山脈のお水を使って

 | ホーム | 

FC2Ad

焼酎銘柄紹介

焼酎の紹介-芋- (157)
焼酎の紹介-麦- (29)
焼酎の紹介-米- (15)
焼酎の紹介-黒糖- (12)
焼酎の紹介-泡盛- (10)
テーマ別焼酎紹介 (1)
お知らせ (84)
etc… (3)
入荷情報 (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

Aki

Author:Aki
焼酎Bar[秘 蔵]で焼酎アドバイザーをやっているAkiと言います。
当店にご来店の際には気軽に声をかけてやってください☆

カウンタ

支局

蔵元さんブログ集

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム